意図して学ぶ

今月より新高校一年生に進級された生徒さんとの個別学習が再びスタートしました!中学生まで個別学習を行なって、高校生になって1ヶ月間は高校生活との様子をみてママズリビングをどういう形で行っていくかをご検討いただいておりました。

先日は今年度初めての個別学習ということで、学校の学習で困っていること、これからどうしていきたいか等を伺い、進め方を確認しました。進路も明確に決まっているので学校で学んでいる教科で受験では使わない教科もある様子ですが(今のところ)学校のものを疎かにしたくないや、数検が控えているなど学習への前向きな姿勢を感じました!

自分自身が高校生の時は数学が苦手で数学のないクラスを選ぶ生徒さんが多数いましたが、今では私立文系でも数学受験を取り入れている学部があるとか。そんな話をしていたらオーナーさんからステキなお言葉をいただきました↓

「ありがちな…
小学生→中学生
中学生→高校生の
学習内容の変化ですよねー

以前、算数と数学の違いという、
記事を見た時…
その時改めて、分かったこと😅
算数は数や形を日常生活に活かす、
数学は問題を解くことで論理力を磨くみたいな…
となると、感性や感覚派は
苦手な分野となるのかぁー

どちらも大切だけど、
学んだ経験が、後に
個々に生きるということ
なのですね❗️

高校数学…自分を振り返っても…
数学は仕方なくやってた感が…
偶々解けた数学の問題を
前に出て解説しろと指示されて、
ノリで『勘弁してくださいよ』と答えたら、
烈火の如く、怒られた事を
思い出しました

大人になったわかる学びの
大切さ…」

意図して学んでいただくことを改めて学んだ1日でした。

この記事を書いた人

neofine様